Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

東電任せ 政府を批判 真島氏 汚染水の排出めぐり〈2015年3月27日衆経産委第189回通常国会〉

国会発言(質問・討論等) 活動報告



20150329_1020445

日本共産党の真島省三議員は3月27日の衆院経済産業委員会で、福島第1原発の汚染水外洋排出問題を取り上げ、東電任せに終始した政府の対応をただしました。

(質問動画はコチラ)(会議録はコチラ /ダウンロード版)

真島氏が、2013年9月当時の東電副社長が「今後はデータの公表を第一の原則とする」と答弁していたにもかかわらず、データ隠しの体質は変わっていないと指摘。東電の広瀬直己社長は対応が不十分だったことを認め「データの開示を速やかに行う」と答えました。

東電はK排水路の排水を港湾内に移送するポンプを設置し4月から移動させるとしています。

真島氏は問題発覚から1カ月でできることをなぜ1年前に指示された時にできなかったのかと追及しました。

宮沢洋一経済産業相は「国と東電でリスクを総点検し、問題点を網羅的に見いだそうとしている」と答弁しました。((しんぶん赤旗 2015年3月29日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード