Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

再生エネ抑制やめよ 真島議員 原発20%固執批判〈2015年5月13日衆経産委第189回通常国会〉

国会発言(質問・討論等) 活動報告



日本共産党の真島省三衆院議員は5月13日、経済産業委員会で、エネルギー基本計画と2030年のエネルギー需給見通し(エネルギーミックス)の問題で質問しました。

(質問動画はコチラ)(会議録はこちら:ダウンロード版

 

 

エネルギー基本計画では、「電源コストが低廉で、安定的に発電することができ、昼夜を問わず継続的に稼働できる電源」をベースロード電源と位置付け、原子力・石炭火力等がこれに該当するとされています。

この定義は安倍政権独自のもので、国際的には、再生可能エネルギーの普及が進むなか常に一定の出力を固定したベース電源という考え方から、出力が変動する再生可能エネルギーも含めた系統全体を運用する考え方に変わってきています。真島氏のこの指摘に対し、宮沢洋一経産相は「島国であり状況が違う」と強弁し、原発への回帰を進め、原子力で20%超の電源比率をめざす方針に固執する姿勢を示しました。

真島氏は、これまで「原発・石炭火力」最優先のエネルギー政策を進めてきたことが、CO2排出増、再生可能エネルギーの抑制を招いていると批判。福島原発事故を経て、原発ゼロへの転換を願う国民の声に反すると厳しく指摘しました。(しんぶん赤旗 2015年5月17日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード