Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

電気事業法改定案が可決 衆院委 藤野・真島氏がただす≪2015年5月20日衆経産委第189回通常国会≫

国会発言(質問・討論等) 活動報告



会議録(討論)【20150520衆経産委・真島議員】電気・都市ガス・熱供給事業の一体的全面自由化を狙う電気事業法等改定案が5月20日の衆院経済産業委員会で、自民、公明、民主、維新等の賛成多数で可決されました。日本共産党は反対しました。

採決に先立ち、藤野保史議員が質問し、真島省三議員が反対討論しました。

藤野氏は、国民のためのエネルギー改革のあり方について、ドイツなどの事例を紹介。小規模分散型のエネルギーシステムを実際に運営するのはその地域の住民や自治体であり、「協同組合」や「再公有化」の流れも強まっていると強調。欧米で進むエネルギー自治の考え方や民主的な運営などを学ぶべきだと主張しました。

真島氏は、法案が狙う一体的全面自由化は、電力・石油など巨大資本が10兆円規模の総合エネルギー市場を支配する「規制なき独占」となる危険があり、原発利益共同体の要求に応えた新たな「国策民営」の原発推進策の実行を政府に迫りうる条項が法案に含まれていると指摘。公共料金である電気・ガス料金について、電源構成を含む原価情報の開示義務があいまいなまま、公聴会などの民主的手続きを廃止しようとしていることは、消費者参画を望む国民の願いに背を向けるものだと批判しました。(しんぶん赤旗 2015年5月22日)(会議録[討論]はこちら:ダウンロード版

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード