Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

再稼働阻止へ1万5千人 “川内動けば志賀も危うい”

地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告



20150610_1097041

6月7日に福岡市で川内原発再稼働を許さないと開かれた「ストップ再稼働!大集会」では、1万5千人の参加者が会場を埋め尽くしました。

ママ友の口コミやインターネット、団体を通じての呼びかけで全国から集まった参加者たち。うたごえや音楽、手製のプラカード、スローガンの入ったTシャツ、コスプレなど思い思いの方法で原発再稼働反対を訴えました。

石川県能美市から参加した42歳の方は、「川内原発が動けば全部の原発が動いてしまう。石川県にも志賀原発があって心配。一人でも多くと参加しました」と語りました。

集会後、九州電力本店や繁華街天神を目指し3コースに分かれデモ行進。日本共産党は真島省三、田村貴昭両衆院議員、仁比聡平参院議員といせだ良子参院比例候補が地方議員とともに「原発いらない」の声をあげました。

デモに足を止めていた15歳と16歳の女子高校生は、「『命が一番』(のシュプレヒコール)に言っている通りと感じた」「原発は動かしてほしくない。この声が県や政府に響いたらいいと思う」と話しました。(しんぶん赤旗 2015年6月9日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード