Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

野党3党が街頭演説 北九州で戦争法案廃案訴え

地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告



20150721_1129901

安倍政権の戦争法案に反対する野党3党の合同街頭演説会が7月20日、北九州市の小倉駅前で開かれました。九州労働弁護団が呼びかけたもの。開始前から約800人の聴衆が集まりました。日本共産党から、真島省三衆院議員と仁比聡平参院議員が参加しました。

20150721_1129902

「アベ政治を許さない」のポスターを掲げた聴衆が「そうだ」と声援を送る中、真島氏が「私たちの子どもや孫たちに、命を懸けて、日本を攻めてもいない国の人たちを殺せと言えますか」と問いかけると、聴衆は「言えない」とこたえました。

仁比氏は、国会議事堂を若者たちが包囲して抗議の声を上げていると述べ、「日本中で噴き上がる怒りの声が安倍内閣に突きつけられている」と強調。「安倍政権を追い詰め、必ず廃案に」と呼びかけました。

20150721_1129903

民主、社民両党の議員も「世論を動かし、戦争法案を撤回させる大きなうねりを起こそう」(民主・大久保勉参院議員)、「日本の平和国家としての歩みを百八十度変えることになる。各党と連携し、廃案に向けて全力を尽くしたい」(社民・吉田忠智党首)と力強く訴えました。(しんぶん赤旗 2015年7月21日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード