Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

川内原発 住民への説明会を開かず再稼働許されない!≪2015年7月29日衆経産委第189回通常国会≫

国会発言(質問・討論等) 活動報告



日本共産党の真島省三議員は7月29日の衆院経済産業委員会で、各種世論調査で6割が反対している川内原発(鹿児島県)再稼働について、九州電力と政府の責任で公開の住民説明会を開くよう求めました。

九電と経産省・原子力規制庁は「地元の理解を得られるようにする」と言いながら、昨年9月の再稼働認可後、公開の場での住民説明会を一度も主体的に開いていません。鹿児島、熊本、宮崎の3県10市町議会は住民説明会の開催を求め、決議や陳情を採択しています。

真島氏は「住民が説明を求めているのに無視するのは許せない」との地元住民の声を示し、「地方議会の議決は重い。九電は公益事業者として、その意思に応え、公開の説明会を開くことは当然だ。経産相は開催を促すべきだ」と求めました。

宮沢洋一経産相は「どういう形で(説明会を)やるかは九電の判断」と答弁。真島氏は「福島原発事故も『やらせメール』事件もなかったかのような姿勢だ」と指摘し、「住民説明会実施を促すことは、政府の国民に対する最低限の責任だ」と述べました。(しんぶん赤旗 2015年8月3日)

[質問動画はコチラ] [会議録はこちら:ダウンロード版]

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード