Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

佐賀空港軍事利用ノー 県実行委員会が10省庁に要望 くらし・原発など56項目

国会(要請・懇談会等) 地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告



佐賀県の日本共産党と民主団体で構成する「くらしを守る共同行動佐賀県実行委員会」(懸山直之代表)は8月3日、くらしや医療・福祉、労働、原発、平和など、56項目の切実な県民要望を10省庁へ届け、改善を強く求めました。

20150803【くらしを守る共同行動佐賀県実行委員会①】 20150803【くらしを守る共同行動佐賀県実行委員会②】

オスプレイの佐賀空港配備計画の問題では、計画の撤回を求めて防衛省と交渉。武藤明美県議は「県民が納得していないのに予算化したことは許せない」と指摘し、「佐賀空港の軍事利用は絶対に許せない」と訴え、予算と計画の撤回を求めました。

原発再稼働問題では、井上祐輔県議が「玄海原発から5キロ圏内の避難計画は1コースのみ、もしものときに対応できない。こんなのが避難計画といえるのか」と指摘。経済産業大臣、原子力規制委員長、原子力防災担当大臣あてに、玄海、川内原発の再稼働中止と国の原子力対策の転換を求める要望書を提出しました。

政府交渉には、武藤、井上両県議、松尾征子・鹿島市議、服部奈津美・多久市議と各種団体から、あわせて16人が参加。真島省三衆院議員、田村貴昭衆院議員、いせだ良子参院比例候補が同席しました。赤嶺政賢衆院議員が合間を縫って駆けつけ、情勢報告をしました。(しんぶん赤旗 2015年8月5日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード