Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

これからも声上げ続ける 川内原発前で抗議 “危険と隣り合わせイヤ”

地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告



20150812_1148153_t 「われわれは再稼働を許さないぞ」「フクシマのことを忘れるな」。8月11日午前10時半、九州電力川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働が強行されたとの一報が入ると、同原発の各ゲート前に詰めかけた約400人から激しい怒りの声が沸き起こりました。

早朝から座り込みの抗議行動が続けられていた正面ゲート前では、ただちに再稼働に抗議する集会が開かれました。

鹿児島県いちき串木野市に住む男性(64)は、同原発の1号機は運転開始から31年が経過した老朽原発だと指摘。「きわめて危険な状態で、いつ重大事故が起こるか分からない」と不安を語りました。

大学4年生の女性は、福岡市から連日の抗議行動に参加しています。「再稼働のスイッチが押されてしまったことは悲しいし、悔しいです」と涙ながらに語り、「原発事故と隣り合わせでは、安全な社会にはなりません。私はこれからも声を上げ続けます」と決意を込めました。

集会には日本共産党の真島省三衆院議員と、まつざき真琴鹿児島県議が駆けつけました。

真島氏は、どの世論調査でも再稼働「反対」が圧倒的多数だと述べ、「これからもたたかいは続きます。がんばっていきましょう」と力強く呼びかけました。

まつざき県議は「怒りの思いでいっぱいです。火山噴火の予知や地震対策、避難計画の実効性などで課題が山積するもとで、みじんの道理もない再稼働です」と批判しました。(しんぶん赤旗 2015年8月12日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード