Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

川内再稼働許さぬ 市民抗議 九電11日午前にも

地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告



九州電力は8月10日、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)を再稼働させる作業を11日午前10時半から開始すると発表しました。

20150811_1147397

九電は11日午前10時半ごろ、核分裂反応を抑える制御棒の引き技き作業を始め、原子炉を起動。同日午後11時ごろには、核分裂が連鎖的に生じる臨界に達する予定だといいます。

九州電力が川内原発1号機を11日に再稼働すると正式発表した10日、原発の立地する鹿児島県薩摩川内市の原発正面ゲート前では前日に引き続き市民の抗議集会が行われました。

20150811_1147399

早朝からゲート前に詰めかげた約400人が「無責任な再稼働は認められない!」と抗議の声を上げました。

20150811_1147423_t

連日の抗議行動に参加している福島県川俣町の女性(57)は、原発事故によって故郷を奪われた人が何人もいると述べ、「福島の現実を無視して川内原発を再稼働させるなんて、絶対に許されない」と声を震わせました。

20150811_1147401

首相官邸前で抗議行動を続ける首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんが「全ての原発をなくすことが私たちの目標」と全国での連帯の意思を示すと、大きな拍手が湧きました。

主催の「ストップ3・11鹿児島集会実行委員会」を代表して発言した向原祥隆さんは、「今日も明日も一歩も引かず、抗議の声を上げ続けよう」と力強く呼びかけました。

20150811_1147433_t

集会には日本共産党の真島省三衆院議員、いせだ良子参院比例候補、まつざき真琴県議が参加。真島氏は、避難計画のあいまいさに多くの住民が不安を抱いている下で「全ての疑問に答えが出せない限り、再稼働は認められない」と訴えました。

20150811_1147440

 

同原発から30キロ圏内の鹿児島県日置市から参加した男性(64)は「強引に再稼働を進める国と九電の姿勢に憤りを感じます。強く抗議したい」と力を込めました。(しんぶん赤旗 2015年 8月11日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード