Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

伊方原発再稼働中止を 四国4県の共産党が国に要請

国会(要請・懇談会等) 活動報告



20151009_1193480

四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)の再稼働中止などを求め、四国4県の日本共産党が10月7日、経済産業相、原子力規制委員長、内閣府特命担当大臣あてに申し入れしました。

国会内で担当者に申し入れ書を提出。①伊方原発の再稼働中止②使用済み燃料の安全管理問題を含め、伊方原発のあり方を広く検討する場を四国4県と山口県、大分県で開く③「避難計画」、住民「合意」は、自治体任せでなく国の責任でおこなう④伊方原発区域での危険な米軍機の飛行を禁止する―ことを求め交渉しました。

参加者は「住民アンケートでも半数以上が再稼働に反対している」「まともな説明もなく住民は納得していない」「電力は足りており、人口減少も進んでいる。原発を動かす理由はない」「避難民、汚染水と、福島原発事故は何ら解決していない」として政府方針を批判しました。

政府担当者は「国民の不安が払拭(ふっしょく)されていないと認識している」としながらも、「原発は重要なエネルギー源であり、再稼働を進める方針」という答えをくり返しました。

日本共産党の真島省三衆院議員、春名なおあき参院比例候補(元衆院議員)、田辺健一参院香川選挙区候補も出席しました。

10月7日20時

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード