Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

《被爆71年》核兵器廃絶へ力合わせ 共産党国会議員が献花

地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告



160809長崎

 

長崎への原爆投下から71年を迎える中、日本共産党の田村貴昭、真島省三、島津幸広の各衆院議員、岩渕友参院議員、堀江ひとみ長崎県議は8月8日、長崎市の爆心地公園を訪れ、核兵器廃絶の決意を込め、原爆犠牲者追悼の碑に献花しました。

献花した田村氏は「今日、原爆病院を訪問し、104歳の方から、これからも被爆体験を語っていかれると伺いました。日本と世界のみなさんと力をあ わせ、二度と戦争しない、核兵器を使わせない社会の実現とともに、核兵器廃絶、平和への道を大きく切り開いていくためにがんばりたい」と決意を語りまし た。

真島氏は「広島、長崎は私の政治活動の原点。核抑止力を強めると平然と言う国は本当に許せない。核廃絶へみなさんと力をあわせてがんばる」と話しました。

《「しんぶん赤旗」 2016年8月10日付、西日本のページ》

(動画はコチラ)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード