Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

平和な社会とより良い商売 熊本県商連定期総会 真島衆院議員あいさつ

地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告



20160914_1418547

 

熊本県商工団体連合会は9月11日、同県八代市で、第43回定期総会を開きました。日本共産党の真島省三衆院議員、山本伸裕県議が連帯あいさつしました。

 

松尾正会長は、運動やたたかいで消費税10%増税の再延期や参院選1人区で野党統一候補の11議席を勝ち取ったとして、「私たちの運動がさらに重要になっている。団結して平和な社会実現と商売をよりよくしよう」と呼びかけました。

 

真島氏は、熊本地震被災者支援について、「融資ではない直接支援や小規模事業者持続化補助の上限引き上げが実現した。さらに経済産業委員会で拡充を求めていく」と挨拶。「地域に根差した営業の応援なしでは地域経済の再生はありえない」と述べました。

 

山本氏は「直接支援制度を前進させる熊本型モデルを発展させ、被災者に寄り添った継続的支援策の実現を」と訴えました。

 

真島、山本の両氏は同日、熊本地震で被災した民商会員と懇談。文具業の男性は、地震で全壊した益城町の店舗再建のめどが、被災者を取り残したままの県主導の区画整理や県道の拡幅計画に阻まれて困っていると両氏に相談しました。(しんぶん赤旗 2016年9月14日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード