Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

『戦争法廃止』広げぬこう 強行から1年 各地で集会・宣伝

地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告



野党への政策提言 福岡・久留米

 

20160921_1422474_t

10月の衆院福岡6区補選を控えた久留米市では9月19日、戦争法廃止と野党共闘を求める市民らが集会を開き、野党へ政策を提言しました。日本共産党の真島省三衆院議員をはじめ、民進、社民各党の代表が共闘への決意をのべました。日本共産党の小林とき子予定候補、民進党の新井富美子予定候補があいさつしました。

(真島衆院議員の挨拶はコチラ)

 

集会には約200人が参加。安保法制の白紙撤回と野党共闘の推進のほか、食の安全確保や子育て支援の充実、再生可能エネルギー推進など集会に先立つ市民会議で集めた要望を野党各党に提案しました。

小林候補は、「野党の一致点をさらに探って共にたたかいたい。6区から野党共闘を実現するため全力で走り抜く」と決意をのべました。

 

新井候補は、「(野党の連携実現へ)皆さまの期待に添うようがんばる」とのべ、安保法制廃止や貧困、格差是正に取り組むと語りました。

 

20160921_1422475_t

 

集会終了後、真島議員と小林予定候補は、金子むつみ久留米市議とともに街頭宣伝を行いました。

 

団体・市民が一点で 北九州

 

北九州市の平和をあきらめない北九州平和ネットは9月19日、同市小倉北区で政党や団体、市民が戦争法を廃止する一点共闘で取り組む「北九州集会」を開き、200人が参加しました。

 

20160921_1422482

 

日本共産党や民進党の野田国義参院議員、社民党の森本由美市議がそれぞれ連帯あいさつし、日本共産党から田村貴昭衆院議員が「衆院福岡6区補選をはじめ、次期総選挙でも地方選挙でも野党共闘をいっそう広げて、立憲主義の復活、戦争法廃止など、国民の声に応えていきたい」と決意を表明しました。

(田村衆院議員の挨拶はコチラ)

 

20160921_1422478

 

参加者は集会後、「戦争法の強行採決から1年を経ても、われわれは平和をあきらめてはいない」と、小倉駅前まで行進しました。(しんぶん赤旗 2016年9月21日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード