Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

安心できる年金制度を 「年金一揆2016」各地で行動 ― 軍事費より社会保障 福岡 ―

地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告



全日本年金者組合福岡県本部は、「年金者一揆」福岡集会を福岡市の警固公園で開きました。約100人の参加者が集会とパレードで「若い人も高齢者も安心の年金をつくれ」と声をあげました。

牧忠孝副委員長が「公的年金制度は生存権保障制度。私たちだけでなく多くの国民の課題だ」とのべ、労働者の低賃金や社会保障の改善を訴えました。

日本共産党の真島省三衆院議員は、「暴走政治への対案は憲法をいかす政治をつくること。安倍政権を包囲し打ち倒していこう」と呼びかけました。

集会に先立ち博多駅前と繁華街天神で「年金引き下げ違憲訴訟」の公正判決を求める署名を集めました。署名に応じた市民からは「今の障害者年金では交通費などが全然足らない。軍事費より社会保障費を増やして」(視覚障害者の男性、65歳)、「安倍首相はデフレ脱却を言うが物価だけ上がって年金は減らされ生活は大変。訴訟は立派な行動だと思う」(77歳、市内の女性)との声が寄せられている。(しんぶん赤旗 2016年10月18日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード