Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ばいじん根絶へ運動広く 「なくす会大分」が総会 真島衆院議員あいさつ

地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告



20161125_1458399

 

新日鉄住金大分製鉄所の排出する、ばいじん、異臭、騒音などの被害住民でつくる「ばいじん公害をなくす会大分」は11月23日、第12回総会を大分市で開きました。約40人が参加し、煙や大気の監視、行政、企業への申し入れなど活動方針を決めました。日本共産党の真島省三衆院議員が駆けつけ、連帯あいさつしました。

 

足立摂代表は、大分製鉄所環境防災室の代表らが7月に「なくす会」事務所を初めて訪れ、環境改善に向け継続的な対話を約束したと報告。「私たちの粘り強い運動が企業や行政を動かしている。公害根絶に向け、さらに運動を広げよう」と呼びかけました。

 

会場から「子どもの健康が心配」「郊外へ転居した家族がいる」などの発言があり、参加者は排出規制の強化、被害補償などについて意見を交流しました。

 

真島氏は「企業への指導権限は国にある」と指摘。「みなさんと連携し、声を国に届けていく」とのべました。(しんぶん赤旗 2016年11月25日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード