Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

子育て支援充実を 北九州市議選 石田予定候補事務所開き

地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告



20161128_1459618

 

来年1月20日告示(29日投票)の北九州市議選で、八幡西区(定数15)から9期目をめざす日本共産党の石田康高候補の事務所開きが11月26日、同区でありました。真島省三衆院議員が激励に駆け付けました。

 

20161128_1459626

 

石田予定候補は、8期32年の経験と人脈を生かし、自民党なども巻き込みながら住宅リフォーム助成制度を実現させ、新北九州空港への連絡鉄道の不採算性についても他党の中に理解を広げてきたことを紹介。「子育て支援をさらに充実させ、老朽化した小中学校の改修、医療・介護の負担軽減を一日でも早く実現するため9期目を必ず」と決意を語りました。

 

真島氏は、「年金カット法案」の衆院強行採決をはじめ国民生活の破壊に突き進む安倍政権を市民と野党の共同で打倒し、野党連合政権を実現する展望について力説。市議選で党議席が9から10に躍進すれば市政でも国政でも「共同発展の力になるのは間違いない」とのべ、石田予定候補の必勝を呼びかけました。

 

石田予定候補とともに30年以上、市民の生活・法律相談に取り組んできた田邊匡彦弁護士は「法律の問題を分かりやすく相談者に説明し、話をよく聞いて市政に反映する石田さんにはぜひ市議団の中心として頑張ってもらいたい」と訴えました。(しんぶん赤旗 2016年11月27日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード