Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

安倍政治打ち倒そう 西海市議選 ふちせ候補の再選訴え 長崎で真島衆院議員

地域(調査活動・演説会・懇談会等)




 日本共産党長崎県南部地区委員会は3月5日、真島省三衆院議員を迎えた演説会を西海市で開きました。来る総選挙での躍進、定数2減の中で4月に行われる西海市議選での、ふちせ栄子候補の再選を訴えました。

 真島氏は、安倍政権が国会提出しようとしている「共謀罪」で、「物言えない戦前に逆戻りさせようとしているしと暴走ぶりを厳しく批判。森友学園問題を「引き続き厳しくただしていく」と力を込めました。

 真島氏は、いま日本共産党に党派を超えた期待が集まっているのは、ぶれずに野党共闘をすすめているからとのべ、「総選挙とふちせ候補勝利で暴走を続ける安倍政治を打ち倒そう」と訴えました。

 近藤いちう衆院長崎2区候補が「40年の教師生活を生かし、平和な日本のためにがんばる」と語りました。

 ふちせ市議は、子ども医療費助成制度の拡充、住宅リフォーム助成制度創設、遠距離通学の負担ゼロなどの実績を紹介。特定の企業を優遇する市長を議会でただ一人批判してきたとのべました。

 野菜加工業の女性(50)は、「真島議員の話は国会の様子がよくわかった。ふちせさんにはぜひ頑張ってほしい」と話しました。(しんぶん赤旗 2017年3月7日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード