Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

清潔市政へ党議席を 「語る会」で真島衆院議員 福岡・豊前市議補選 来月9日告示

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 4月9日告示、同16日投票で市議補選(定数1)が行われる福岡県豊前市で3月20日、日本共産党の真島省三衆院議員を迎えて「国政・市政を語る会」(主催=党豊前支部)が開かれ、80人が参加しました。

 真島議員は、「森友学園」などの問題や都議会での党の奮闘を報告し、「豊前市では消防本部の1億円使途不明金問題の全容解明が求められているなか、党の議席がどうしても必要だ」と強調。「子どもや孫に平和で民主的な国を手渡したいとの願いを、党派や立場の違いを超えて、村上かつじ候補に寄せてほしい」と訴えました。

 村上候補は「市政の監視役として、議会のチェック機能を高め市民の声が届く清潔な市政、市議会をめざす」と決意を表明しました。

 山下とみ子・党京築地区委員長(衆院福岡11区候補)、宮田精一元市議が党の値打ちなどを紹介しました。

 参加した女性(81)は「一騎打ちの様相で、しがらみを超えて誰にも気軽に声をかけ、村上候補を何としても送り出したい」と話しました。(しんぶん赤旗 2017年3月22日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード