Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

鹿児島・日置市で党演説会 真島議員「党躍進を」 山口候補ら発言

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 鹿児島県の薩摩西部地区委員会は3月25日、日置市で5月14日告示(21日投票)される市議選で3期目に挑む山口はつみ候補の必勝をめざし、真島省三衆院議員を迎えて演説会を開きました。

 真島氏は、国会でも森友問題の真相解明に野党が連携して取り組んでいるとのべ、「野党と市民の共闘を前進させ、安倍政権を退陣させるためにも市議選での日本共産党の躍進を」と訴えました。

 山口候補は、市が財政の厳しい中、新たに6億円かけてサッカー場を建設する計画を進める一方、「市民は国保税を払いたくても高すぎて払えず、国保世帯の20・4%が滞納している」と指摘。「引き続き国保税の引き下げや、子ども医療費助成制度の充実など市民の願いを市政に届け、負担軽減に全力を尽くす」と訴えました。

 山口はるき衆院3区候補が「市民と野党の共闘で安倍内閣を追い詰め、新しい政治を切り開こう」と呼びかけました。後援会長の下池和義さんは「市民の声を市政に届ける議席を守りぬこう」と訴えました。(しんぶん赤旗 2017年3月28日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード