Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

解散総選挙を迫ろう 真島衆院議員が宣伝・報告会 北九州

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党の真島省三衆院議員は8月26日、北九州市若松区で街頭演説、同市八幡西区で国政報告会をおこないました。

 真島氏は若松区で山口律子県議、山内涼成市議とともに訴え、戦争する国づくり、国政を私物化する安倍政権を解散・総選挙に追い込もうと訴えました。

 街頭演説を聞いていた男性(89)は「安倍首相は早くやめてほしい。改憲は絶対反対です」と語りました。

 八幡西区の後援会、「あけぼの会」で国政報告。石田康高、田中光明両市議が空自芦屋基地の滑走路延長問題や市の公共施設利用料金の負担増についての報告しました。

 会に参加した70代の男性は「公共施設の利用料が上がるのは高齢者いじめだ。芦屋基地の滑走路が延長されれば爆撃機も滑走できる距離になる」と発言。「安倍政権を変えんといけん」などの意見が出ました。(しんぶん赤旗 2017年8月29日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード