Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

太宰府市議選 中学校給食実現へ2氏必ず 真島氏が応援演説

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党の真島省三前衆院議員は11月28、30の両日、投票日(12月3日)が迫る福岡県太宰府市議選の応援に入り、藤井まさゆき、神武あや両候補とともに街頭演説をしました。

 市長への不信任決議可決とそれに対抗した市議会解散で始まった今回の市議選では、芦刈茂市長が公約に反して実施の方針を転換した中学校給食の実現が争点になっています。

 真島氏は、全国の中学校の84%で給食が実施され、政府も充実に動かざるを得なくなっている現状を紹介。市民とともに署名活動を進め、市議会でも論戦をリードしてきた2候補の活動にふれ、「『市民こそ主人公』を貫いて、福祉・教育の充実のために全力で市民の皆さんと力を合わせている2候補を、何としても押し上げてください」と力を込めました。

 真島氏の演説に、駆け付けた女性(75)は「私たちの言いたいことを突いて話してくれた。市長は中学校給食の味方かと思っていたら違っていてがっかり。しっかり公約を訴えれば必ず勝つと自信を持って、最後まで選挙をたたかっていく」と語りました。(しんぶん赤旗 2017年12月1日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード