Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

強行政権は終わりに まじま比例候補が訴え 宮崎

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 まじま省三日本共産党衆院九州・沖縄ブロック比例候補は10月12日、宮崎県の延岡市と日向市でぶれない日本共産党を比例で躍進させようと訴えました。

 真島候補は、沖縄・高江の民家近くへの米軍ヘリ墜落炎上にふれ、新基地反対の沖縄県民の声や原発再稼働反対の声に耳を貸さず推し進める安倍政治を批判、「こんな強権政治は選挙で終わりにしよう」と訴えました。比例代表で日本共産党と書いてくれる人を広げてくださいと呼びかけました。

 黒木万治衆院宮崎2区候補がともに訴えました。

 日向市駅前で演説を聞いていた2人の女性は、「消費税8%でも年金が少なくて厳しいのに、これ以上あがったら困る」と、こもごも話しました。(しんぶん赤旗 2017年10月14日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード