Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

戦争しない政治こそ まじま比例候補 「9条を子らに」

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党のまじま省三衆院九州・沖縄比例候補(福岡9区重複)は10月16日、北九州市八幡西区の16カ所で石田康高、田中光明両市議とともに街頭演説をし、「この選挙を『安倍政権さよなら選挙』にしよう」と呼びかけました。

 まじま候補は、「戦争しない、させないということが政治の一番大事な仕事。憲法9条は、アメリカと軍事同盟を結ぶ日本を70年以上戦争させなかった。歴史で試されたこの宝を子や孫に手渡そう」と訴えました。

 量販店前で演説に耳を傾けていた男性(71)は、「今の政党の中で共産党の言うことが一番納得できる。希望も維新も腹の中は自民党で、報道では二極とか三極とか言ってるけど共産党が無ければ一極だけになるのでは。柔軟性も発揮して数を取ってほしい」と語りました。

 住宅地での演説に駆けつけた女性(62)は、「安倍一強政治をどうしても倒さないと。共産党の姿を知ってもらい比例票を増やしてまじまさんの議席を守りたい」と話しました。(しんぶん赤旗 2017年10月17日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード