Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

改憲発議させない 真島前衆院議員と党福岡県委が「9日」宣伝

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党の真島省三前衆院議員と党福岡県委員会は1月9日、福岡市のJR博多駅前で安倍9条改憲反対を訴え街頭宣伝をしました。県委員会から役員や勤務員12人が参加しました。

 真島氏は、安倍政権が年内の改憲発議に執念を燃やしていることにふれ、「今、日本は大きな岐路に立っています。市民と野党の共闘で安倍政権の憲法改定の発議を絶対にさせてはなりません」と訴え、「安倍改憲NO!」3000万署名を呼びかけました。通学の高校生らがビラを受け取っていました。

 また真島氏は、韓国と北朝鮮の高官協議にふれ「北朝鮮問題の解決には国際社会が連携し直接対話の平和外交による解決しかない」と呼びかけました。

 南区の女性(83)は、「憲法は今のままでいい。国はアメリカのいいなりで私たちのわずかな年金を減らして武器の購入に使っている」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年1月10日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード