Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

予育て負担の軽減決意 小坪氏事務所開き 真島氏が応援 福岡・小郡市議選

地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告



 日本共産党の真島省三前衆院議員は3月3日、福岡県小郡市議選(4月15日告示、22日投票、定数18)で党の現有議席確保をめざす、新人の小坪てるみ候補(53)の事務所開きで訴えました。

 真島氏は「一人ひとりの幸せのために政治がある。『国民の苦難解決、住民こそ主人公』が日本共産党の原点です。25年間の医療・介護の経験を生かし、災害ボランティアにも積極的に参加、子育てしながら働く女性の代表として小坪てるみさんを必ず市政に」と訴えました。

 小坪候補は「国保税の引き下げ、介護保険制度のサービスの向上、コミュニティバスの利便性の向上、待機児童解消・学童保育の充実・子育て負担の軽減、情報公開や政治倫理条例の実現を目指します」と決意をのべました。

 事務所開きの後、小坪候補は真島氏とともに市内の街頭で訴えました。(しんぶん赤旗 2018年3月6日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード