Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

共闘の動き各地に 真島氏迎えて集い 宮崎

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党の真島省三前衆院議員は3月7、8の両日、宮崎県の宮崎市、小林市で開かれた日本共産党の集いで安倍9条改憲阻止、市民と野党の共闘で安倍政権退陣をと訴えました。

 小林市の堤支部の集いでは、DVD「志位さんに何でも聞いてみよう」「小池さんに何でも聞いてみよう」を視聴しました。参加者は「安保条約反対だけでなく、アメリカと友好条約を結ぶことまで言っていると知れてよかった」と述べました。

 真島氏は、衆院選での共産党の献身的な働きが共闘を再構築、発展させ、今国会も6野党が結束し安倍政権を追い詰めていることなどを紹介しました。

 時任隆一市議や支部長が「野党共闘は小林市でも生まれています」と、市内に建設が計画されている場外車券場に、市民や共産党、社民党が結束して反対していることを紹介しました。真島氏は最後に「地方政治でも党派を超えて一致点で共闘が生まれている。今、その要の共産党の出番です」と述べ、入党を呼びかけました。

 60代の女性が入党を決意し、「DVDを見て共産党のことがよく分かった。子や孫のために頑張りたい」と話しました。(しんぶん赤旗 2018年3月9日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード