Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

安倍政権追い込む 真島前衆院議員迎えつどい 福岡

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 北九州市戸畑区の日本共産党新婦人戸畑支部内後援会は3月24日、日本共産党の真島省三前衆院議員を迎え、「真島さんと未来を語り合うつどい」を区内で開きました。荒川徹市議が市政報告を行いました。

 真島氏は森友学園の公文書改ざん事件などにふれ、「今の安倍政権は追いこまれている。空気が変わってきている」と情勢の激動について語りました。

 参加者は「今後の市民と野党共闘はどう広がりをみせるか」と質問。真島氏は「総がかり実行委員会やシールズのように市民がいろいろな違いを乗り越え一致点で協力していく」と答えました。

 「3000万人署名や原発反対運動など、運動でもっと世論を広げるには」「8時間働けば安心して暮らせる社会をつくり、長時間労働による過労死をなくすには」「高齢者の出費(医療費や介護保険料)が増えているがもう限界。どうなるのか」などの質問があり、真島氏が丁寧に答えました。

 同後援会会長は、「歴史的到達点をしっかり見据え、道筋はわたしたちの運動の中で見つけていかねばなりません。真島さんの話を聞いてすっきりしました」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年3月28日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード