Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

大分・臼杵市議選 平和守りたいの声共産党へ 真島氏が応援

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党の真島省三前衆院議員は4月15日、同日告示(22日投票)の大分県臼杵(うすき)市議選の応援にかけつけ、「共産党の躍進で地方から声を上げ、汚れた安倍政治の大掃除をしよう」と終日訴え、支援を呼びかけました。

 真島氏は「お友だちのために国政を私物化し、政府をあげてそれをごまかそうとする。こんなことが横行すれば民主主義は成り立たない」と安倍政権を批判。「お友だち政治は国民の暮らしをも痛めつけ、憲法9条まで変えようとしている」とのべ、「命と暮らし、平和を守りたいの声はこぞって共産党へ」と力を込めました。

 広田せいじ候補=新=は、34億円ある財政調整基金を市民のために使えば国保、介護の負担軽減、学校給食無料化など子育て支援ができると訴え。「暮らしを応援する政治の先頭に立つ」と決意をのべました。(しんぶん赤旗 2018年4月17日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード