Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

中小企業の生業再建を 真島氏が被災地視察 福岡・東峰村

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党の真島省三前衆院議員らは4月28日、九州北部豪雨で大きな被害がでた福岡県東峰村で、生業(なりわい)の再建に取り組んでいる中小業者を訪問するとともに、被災した山林の状況を視察しました。

 家族4人で金属加工の「熊谷金型技研」を営む熊谷正義さん(68)は、自宅そばの工作所内まで土砂が流れこみました。金型加工の機械を撤去し、中古の工作機械を購入。壊れていた倉庫も建て直し、年内の営業再開に向けて準備を整えていました。

 真島氏らに約7000万円の融資を10年ローンで受け、以前のローンも残っていると説明。「せめて返済期間を15年に延長してもらえれば」と訴えました。

 地元・宝珠山板屋地域の室井純一区長(62)は、道路に積もった土砂の撤去工事でふさがってしまった農業用水路を案内。「水路復旧までの間、川からポンプで水を引く際の油代も自己負担している。無造作な通路工事で用水路が埋まって田畑に水が引けない」と訴えました。

 真島氏は「今現状に即した柔軟な対応をするよう現状を国に訴えていきたい」と答えました。田中陽二九州・沖縄ブロック事務所員が同行しました。(しんぶん赤旗 2018年5月1日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード