Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

共産党の魅力語る 真島氏迎え集い 鹿児島県姶良・霧島両市

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党の真島省三前衆院議員は9月19日、鹿児島県の姶良、霧島の両市で開かれた3カ所の集いで、党の魅力を語りました。党姶良・出水地区委員会や姶良市委員会などが主催し、のべ32人が参加しました。

 真島氏は安保法制=戦争法の「成立」から3年が経過し、自衛隊の日報隠しをはじめ、海外派兵の実績づくりのために現場の自衛隊員の命を顧みない安倍政権の体質が明らかになったとのべ、「野党と市民の共闘で一刻も早く安保法制を廃止にしよう」と呼びかけました。

 また、過労死や過労自殺などをうむ異常な働かせ方や非正規化の現状は、少子化や人口減少、こどもの貧困などさまざまな問題の根本になっているとのべ、「アメリカ言いなり、大企業中心の政治のゆがみを変えないと一人ひとりの生活はよくならない。来年の参院選で与野党逆転を」「日ごろから応援してくださっている皆さんにぜひ入党してほしい」と訴えました。

 党外の参加者からは「入党パンフに書いてあることは私の気持ちと一緒」「日ごろの疑問がすっきりした。このような集まりをたくさん開いてほしい」などの感想が語られました。(しんぶん赤旗 2018年9月21日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード