Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

熊本・宇土市議選 福田候補必勝を 安倍政権はごめんだ 真島氏が応援

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 14日投票の熊本県宇土市議選で、日本共産党の真島省三前衆院議員は10月9日、福田けい一候補=現=の応援に駆けつけ、市内各地で支持を呼びかけました。

 真島氏は、憲法9条改悪をたくらみ、消費税増税など国民に負担を押し付け、アメリカいいなりの日米自由貿易協定(FTA)で日本の農業を売り渡す交渉を進める安倍政権を厳しく批判。辺野古新基地反対の民意を示した沖縄県知事選を紹介し、市民と野党の共闘の先頭に立つ党議員への1票で、「安倍政権はごめんだの審判を」と訴えました。

 福田氏は市民の要望を議会に届け、▽国保税や水道料の値上げストップ▽中学卒業までの医療費無料化▽小・中学校のエアコン設置▽新築住宅の固定資産税減税で転入促進――などを実現してきたと紹介。熊本地震被災者や暮らし・子育て支援、地域振興の政策を掲げ「実現に全力を挙げたい」と訴えました。(しんぶん赤旗 2018年10月12日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード