Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

川内原発を廃炉に 真島前議員迎え集い たいら候補訴え 鹿児島

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党の真島省三前衆院議員、たいらゆきお鹿児島県議予定候補は2月7日、鹿児島市で後援会や支部が開いた集いに出席し、統一地方選、参院選での党躍進を訴えました。

 原良支部の集いには19人が参加。真島氏は馬毛島(西之表市)への米軍訓練移転は「改憲の先取り。絶対に許してはならない」と強調。川内原発を廃炉にし、3号機増設を許さないために「野党共闘を進め、参院選で与野党逆転を」「県議選でたいら氏の勝利を」と訴えました。

 たいら氏は「皆さんと力を合わせて川内原発の停止、廃炉を実現したい」「県民の命を守り、暮らしを支え、応援する県政を実現するために頑張ります」と力を込めました。園山絵理市議も市政報告を行いました。

 参加者からは「共産党は政党助成金を受け取ってないところが良い。もっと押し出すべき」「共産党を応援するにはどんな方法があるのか」などの声も。

 労働者後援会が主催した「労働者のつどい」には24人が参加。まつざき真琴県議・参院選挙区予定候補は「参院選での野党共闘実現に力を尽くす。県民の立場で頑張る共産党の県議会の議席を皆さんの力で守り抜いてほしい」と訴えました。(しんぶん赤旗 2019年2月9日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード