Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

子育て安心の県政に 長崎・堀江・安江氏、宮崎・前屋敷氏 真島前議員が応援

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 長崎県では堀江ひとみ県議(長崎市区)、佐世保市で県北初の共産党の議席をめざす安江あや子県議候補が奮闘を続けています。宮崎県では前屋敷えみ県議(宮崎市区)候補が懸命に訴えを広げています。真島省三前衆院議員は3月30日に長崎県、4月1日は宮崎市で応援しました。

 堀江候補は、県が推進する長崎新幹線、石木ダム、ハウステンボスへのカジノ誘致に共通するのは、役に立たないムダづかいだと指摘。「これらに毎年多額の税金をつき込むのではなく、子ども医療費を高校まで無料にするなど、暮らしや福祉にまわすべきだ」と訴えました。

 宮崎市で前屋敷候補は、子ども医療費助成制度の拡充の願いに背を向ける子育てに冷たい県政、県議会を批判。「安心して働き、子育てができる県政実現のために働かせてほしい」と訴えました。

 後藤やすき=現=、伊豆やすひさ=現=、久保田さき=新=の各宮崎市議(予定候)も訴えました。

 真島氏は「消費税増税で国民生活は大変なことになる。安倍政権はもうゴメンだという皆さんの思いを日本共産党の候補に」と呼びかけました。(しんぶん赤旗 2019年20194月2日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード