Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

消費税に頼らず暮らしに希望を 真島衆院比例候補訴え 宮崎で集い

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党の真島省三衆院九州・沖縄ブロック比例候補は5月25日、宮崎市で開かれた集いや「街角演説会」で、日本共産党の躍進、市民と野党の本気の共闘で自公と補完勢力を少数に追い込もうと訴えました。

 真島氏は、参院選の1人区で統一候補の擁立が進んでいると紹介。統一候補や複数区での勝利のためにも、共産党が比例で850万票を得られるだけの支持が必要だと述べました。「消門税増税など決して許してはならない。日本共産党の『くらしに希望をー3つの提案』を実現するための財源は絶対に消費税には頼らない」と述べ、力を合わせ、暮らしに希望が持てる日本にしていこうと訴えました。

 後援会の集いに参加した女性(73)は「共産党は、まっすぐな団体なので応援している。参院選でも、自分にできることで協力したい」と話しました。

 大塚台・生目台支部の集いでは70代の女性が入党を決意しました。支部の人たちは「あなたは、仲間に迎えたい人の中の筆頭。統一地方選で新しい仲間が大活躍した。参院選で一緒に力を発揮してほしい」と話し、入党を喜びました。(しんぶん赤旗 2019年5月28日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード