Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自公を少数に追い込もう 福岡で参院選必勝キャラバン 「比例は共産党」訴え抜き

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 「参院選必勝日本共産党福岡キャラバン」が6月3日、始まりました。22日までの20日間、かわの祥子参院福岡選挙区予定候補を先頭に宣伝カーが全県を駆け巡り、つどいや街頭で「比例は日本共産党」と訴え抜きます。

 3日は久留米市の西鉄久留米駅前で街頭演説。かわの予定候補は、憲法改悪阻止と消費税に頼らない税制を訴え「未来に希望を持てる政治を実現します」と語りました。まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補も駆けつけ、「自公を少数に追い込む展望が持てる参院選。力を合わせて政治を変えよう」と訴えました。

 演説を聞いた男性(76)=元大学教授=は、「奨学金借入者は大学生の過半数で、1000万円超える学生もいる。学費や大学への予算を削る一方、大学自治を破壊し軍事研究に誘導している。安倍政権を倒して歯止めをかけなければ」と語りました。

 小郡市ではつどいが開かれ、31人の参加者からは「不登校が増えており詰め込み教育を変えられないか」「支持者だけれども、もっと若ものが集まるよう考えて」と意見が寄せられ、かわの予定候補は「不登校フリースクールボランティアをし市議時代は質問もした。全力で取り組む」「若い世代の将来の不安にこたえて雇用の質を上げる政策を提案し共感を広げる」と語りました。(しんぶん赤旗 2019年6月5日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード