Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

力合わせ政治変える 熊本県内で、まじま氏ら訴え

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党・まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補(前衆院議員)は6月6日、熊本県内をめぐり街頭演説やつどいで、迫る参院選での党躍進と市民プラス野党」の勝利に支持を呼びかけました。熊本市東区で那須円市議、同北区で山部洋史前市議、山鹿市のつどいでは芋生よしや市議が訴えました。

 まじま氏は、「くらしに希望を」と提案する党の三つのプラン①8時間働けばふつうに暮らせる②お金の心配なく学び、子育てできる社会③暮らしを支える安心の社会保障に――を紹介。「力を合わせれば政治は変えられる」と訴えました。

 安倍政権が狙う憲法9条改悪の問題では、「9条を生かした外交の力でアジアと世界に平和と軍縮の実現を」と力を込めました。

 熊本市東区の健軍商店街前で演説を聞いた男性(69)は、高すぎる国保料の問題について「知事会の財政支援の要請にも耳を安倍政権を退陣に追い込んでほしい」と語りました。

 つどいに参加した70代の女性は野党共闘について、「野党間の頑張りがよくわかりました。参院選の参考にしたい」と話しました。(しんぶん赤旗 2019年6月8日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード