Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

「石木ダム つくらないで」 強制収用明け渡し期限日 地権者、長崎知事に涙の訴え

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 長崎県と佐世保市が川棚町に計画する石木ダムをめぐり、ダム建設予定地のうち家屋などを含まない土地の明け渡し期限となる9月19日、反対地権者13世帯49人が県庁で中村法道知事と5年ぶりに面会しました。

 「生まれ育ったこの地に住み続けることは悪いことなのでしょうか。強制収用はやめてください」と、松本好央さんの厳しい声が響きました。娘の晏奈(はるな)さん(高校2年)は「思い出がいっぱい詰まった川原(こうばる)を奪われるのは絶対嫌です」と涙を流し、炭谷沙桜さん(小学3年)も「ダムをつくらないで」と泣きながら知事に手紙を渡しました。

 92歳で最年長の松本マツさんは「この年になって、どこに出ていけと言わるっとでしょうか」とつぶやくように訴えました。

 切実な声にも知事は聞く耳を持たず、ダム建設中止を言及しませんでした。しかし、今後も話し合いは続けると約束しました。

 面会には嘉田由紀子参院議員が同席。県庁の外では日本共産党の真島省三前衆院議員も駆け付け支援者約30人がスタンディングで激励しました。

 県収用委員会は今年5月、全ての土地の明け渡しを命じる裁決をだしました。地権者の家屋を含む土地の明け渡し期限の11月18日を過ぎると、強制的に立ち退かせる行政代執行が可能になります。(しんぶん赤旗 2019年9月20日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード