Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

挑戦し歴史つくろう まじま氏迎えつどい 宮崎

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 まじま省三日本共産党衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は9月27日、宮崎市で開かれた集いで訴えました。

 党創立97周年記念講演ダイジェストDVDを視聴。まじま氏は「次の選挙は野党連合政権への道を開くという世界中で誰も経験したことのない挑戦をする。そのために共産党を強くしなければいけない。共産党に入って一緒に野党連合政権をつくろう」と呼びかけました。

 東大宮支部の集いで「宮崎県は自民党が強い、どうしたらいいのか」という問いに、まじま氏は「農業問題や基地問題など自民党政治の矛盾が表れている宮崎で自民党は大きく票を減らしている。宮崎こそ野党共闘で自民党を倒す可能性があるし、野党連合政権への挑戦は宮崎にかかっている」と話しました。

 中部地区委員会の事務所で開かれた集いでは水道民営化や消費税、年金についての不安が語られました。元創価学会員の男性は、統一地方選や参院選で50軒まわって何度も共産党支持をお願いしたと発言。「共産党という名前をどんどん表に出していってほしい」と要望しました。

 参加した女性(71)は「年金や消費税など、皆考えていることが一緒だと思った。野党連合政権は希望だ。共産党が増えないといけない」と語りました。(しんぶん赤旗 2019年10月1日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード