Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

消費税5%に戻そう 税率は下げられる 宮崎・日向市

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党のまじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は10月25日、宮崎県日向市で行われた集いで訴えました。

 日向市内で健康食品や化粧品を販売している店舗で行われた集いでは、食の安全や健康について関心のある女性たちが多く参加。まじま氏は参加者からの「共産党は介護制度についてどう考えているのか」「消費税5%は無理と思っていたけど、話を聞いて、できるんだと分かった。消費税を下げることはできるのに、誰が止めているのか」などの質問に丁寧に答えました。

 参加者は「分かりやすくて良い話を聞けて良かった。娘たちにも聞かせたい」と話していました。

 まじま氏は、福祉事業所の代表や日向商工会議所と懇談しました。福祉事業所の代表は、憲法を生かし、権利を擁護するよう努力していると話しました。

 商工会議所では、「プレミアム付き商品券は、『自分は非課税世帯です』と言っているようなもので、利用者は少ない」「研究開発減税は大企業しか使えない」などの意見が出ました。黒木万治市議が同席しました。(しんぶん赤旗 2019年10月29日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード