Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

メガソーラー中止を 共産党と住民、経産局に要請 福岡・飯塚

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 福岡県飯塚市の白旗山と金比羅山地区で進行中の大規模太陽光発電設備(メガソーラー)の開発中止を求め、日本共産党が地元住民とともに11月20日、九州経済産業局へ要請しました。

 まじま省三党衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補、高瀬菜穂子、立川由美の両党県議、川上直喜党市議、金子加代市議(無所属)らが参加。経済産業省が各自治体に通知したFIT法の関係法令違反に関する「対処方針」(昨年2月2日)に基づき開発事業者の認可取消などを求めました。

 「ノーバルーソーラー」「日本エネルギー総合システム」の2社が県の林地開発の許可条件に違反し、調整池を完成させず森林を伐採。福岡県は行政指導したのに、経産局に通知していませんでした。高瀬県議が議会で追及し、県知事がようやく通知した経緯があります。現在、事業者は住民に対し謝罪も説明会もしないまま工事を進めています。

 まじま氏は、改正FIT法のガイドラインに基づき、「市は繰り返し求めており、事業者へ説明会を開くように指導してほしい」と要請。経産局は、法令に基づき対応すると回答。住民は、現地の写真などで開発地が住宅地に隣接し、土砂災害区域や坑道があることを示し、「住民は納得していない」などと訴えました。(しんぶん赤旗 2019年11月22日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード