Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

「政治変え未来守る」 まじま予定候補集いで訴え 宮崎市

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党の、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は12月13、14の両日、宮崎市で行われた集いで訴えました。

 まじま氏は、「桜を見る会」疑惑や疑惑に対する野党共闘、消費税減税、党綱領一部改定案について説明しました。「今の政治を変えなければ未来を守れない。野党連合政権を示してたたかおう」と訴えました。

 13日に開かれた田野支部の集いでは、「安倍首相はどうして逮捕されないのか」などの質問に、まじま氏が丁寧に答えました。参加した60代の女性が入党を決意。女性は「税金や病院代が高く、安倍政治は全然良くない。共産党の人たちと顔なじみで、お茶を飲んだりすごく楽しい」と語りました。

 党くどみ支部の集い(14日)では、小松泰信・岡山大学名誉教授が出演した「とことん共産党・『隠れ共産党宣言』から『入党宣言』へ」のダイジェストDVDを視聴。92歳の党員が70年間の党員人生を語ると、参加した40代の男性は「70年ってすごいですね」と語り、「綱領を1章から全部読んでみます」と、党への関心を高めていました。

 宮崎市では13、14日で2人が入党を決意しました。(しんぶん赤旗 2019年12月17日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード