Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

米国は核合意に戻れ まじま候補ら定例宣伝 福岡

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党福岡県委員会は1月7日朝、JR博多駅前で今年初の定例宣伝を行い、まじま省三衆院九州沖縄ブロック比例予定候補とともに訴えました。

 まじま氏は、トランプ米大統領の指示で3日に米軍が、イラクのバクダッド空港でイラン革命防衛隊幹部を殺害したことについて、「どんな理由があっても主権国家の要人を殺害する権利はない」と批判。イラン核合意に立ち戻り、外交による解決を訴えました。

 まじま氏は、市民と野党の共闘が昨年、大きく前進したと訴え。「桜を見る会」、「カジノ疑惑」など、国政を私物化する安倍政権を終わらせ、憲法を守り立憲主義、平和主義を取り戻すために「新たな政権を実現したい」と決意を述べ、支援を呼びかけました。

 会社員の男性がビラを受け取り、自衛隊の中東派兵を閣議決定した安倍政権について「この状況で国益になるとは思えない」と話しました。(しんぶん赤旗 2020年1月8日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード