Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

よりよい小郡市を 福岡でつどい まじま氏ら訴え

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 国や地方の政治、暮らしの問題について学ほうと福岡県小郡市の市民有志でつくる「住みよい小郡市を目指す会」と日本共産党小郡市委員会が1月11日、小郡市内で「新春のつどい」を開きました。

 26人が参加。冒頭に童謡「ふるさと」を歌い、なごやかな雰囲気に包まれました。まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補と小坪てるみ小郡市議があいさつをしました。

 まじま氏は、「消費税減税・廃止で景気回復を」、「8時間働けば普通に暮らせる社会へ」などと訴え。次の総選挙で安倍政権に代わる、野党連合政権の実現、日本共産党の躍進のために奮闘すると決意を述べました。

 小坪市議は、「国政と地方政治は、切り離せない。皆さんと一緒によりよい小郡市をつくっていきたい」と呼びかけました。

 参加者からは、豪雨時に河川が氾濫し水害が起きているなどの身近な問題から、「(共産党が)政党助成金を受け取らないのは、なぜ」など、質問や意見が相次ぎ、深めあいました。(しんぶん赤旗 2020年1月17日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード