Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

野党連合政権実現訴え 大分でまじま氏

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党のまじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は1月26日、大分県宇佐市の党後援会が開いた「新春のつどい」で「野党連合政権実現を」と訴えました。

 まじま氏は第28回党大会を報告し、党綱領改定でジェンダー平等を掲げたことにふれ、「世界の人権の到達点に学びながら、戦争も貧困もない希望ある未来社会を切り開いていく展望をど真ん中に据えた」と語りました。「桜を見る会」、カジノ疑惑をめぐる野党の追及で「安倍政治は詰んでいる」と指摘。「政権交代でこの国の政治をただしていこう。衆院選は希望を語る選挙にしよう」と力を込めました。

 猿渡久子県議と今石靖代、赤野道和の両市議が議会報告。会場から「カジノ疑惑の地元国会議員は許せない」「宇佐市から安倍政権退陣の声を」「共産党の議席増を必ず」などの声が上がりました。(しんぶん赤旗 2020年1月28日)

<< >>

  • カクサン部

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード