Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

まじま比例予定候補招き新春の集い 「くらし応援の政治、実現しよう」 熊本市

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 熊本市の日本共産党東区後援会は2月2日、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補を招き「2020年新春の集い」を開きました。山本伸裕県議、那須円市議が参加。80人が、まじま氏らの話に耳を傾けました。

 まじま氏は第28回党大会について報告。ジェンダー平等を明記した綱領一部改定や国民のために頑張る野党共闘の発展を紹介し「希望を語り、くらし応援の政治を実現させよう」と呼びかけました。

 山本氏は、3月5日告示(22日投票)の県知事選について、党県委貝会が県民の生活に冷たい自民党県連支配の蒲島郁夫県政の転換をめざし市民と野党の共闘・共同追求の立場で幸山政史予定候補の自主的支援を決めたことを紹介。那須氏は、市民に政令市一高い国保料など日常での負担を強いる一方で、必要性の疑問が指摘される市庁舎建て替えなどを強引に推し進める大西一史市政を批判しました。

 参加者は出し物の「子ども・なぞなぞ」や歌、踊り、マジックショーなどを楽しみました。(しんぶん赤旗 2020年2月5日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード