Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

九州・沖縄いっせい宣伝 医療機関など補償必要 まじま氏ら力込め

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 九州・沖縄8県の日本共産党は6月15日、いっせい宣伝を行い、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例・福岡9区重複予定候補は選挙区の北九州市八幡西区で、上津役(こうじゃく)支部のメンバーらとともに「声を上げれば政治は変わる」と訴えました。

 支部のメンバーは「国民の暮らしと雇用を守る補償を」などと書かれた横断幕を掲げ「コロナのことでお困りのことはありませんか」と呼びかけました。

 まじま氏は、感染拡大防止には、検査体制の抜本的強化が必要だとし、国の第2次補正予算では「まだまだ不十分だ」と批判。予算の3分の1に当たる10兆円の予備費を組み替え「本当に困っている人に届けなければならない」と強調。コロナ禍で経営危機に陥る医療機関、介護・福祉事業所などの損失の補填(ほてん)を、「国が全額補償すべきだ」と訴えました。

 まじま氏は、市民と共同し「福岡9区から必ず議席を勝ち取る」と決意を述べました。支部長は「選挙では必ず勝利したい」と力を込めました。(しんぶん赤旗 2020年6月16日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード