Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

複合災害 支援さらに まじま氏迎えつどい 長崎・諌早

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 長崎県の日本共産党中部地区委員会は7月12日、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補を迎え、諫早市でつどいを開きました。25人が参加。西田京子、中野太陽の両市議が参加しました。

 まじま氏は、九州豪雨によって被害を受けた熊本県や大村市を調査した様子を紹介。「コロナで休業し、今からという時に被害にあい、複合災害になっている。今まで以上の支援が必要と国に求めている」と話しました。

 コロナ禍、政治の二つのゆがみ、市民と野党の共闘、党の未来社会論など、縦横に語ったまじま氏は、15日で創立98周年を迎える共産党について「全国に約30万人の党員がいて支部が小・中学校の数ほどある。草の根の力で、暮らしの現場で願い実現のためにがんばっている。こういう活動ができているのは共産党だけ。ぜひ、党に入って力を貸していただきたい」と訴えました。

 参加者から「GOTOキャンペーンはあれでいいのか。党はどう考えているのか」「野党共闘の現状はどうなつているのか」などさまざまな質問があり、まじま氏が丁寧に答えました。

 つどい終了後、64歳の女性労働者が「心に決めて今日のつどいに参加しました」と述べ、入党しました。(しんぶん赤旗 2020年7月17日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード