Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

九州・沖縄いっせい宣伝 消費税減税 一番の景気対策 福岡で田村衆院議員ら訴え

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 九州・沖縄8県の日本共産党は8月18日、国民の中に打って出ようと、いっせい宣伝を行いました。福岡市博多区のJR笹原駅前では、田村貴昭衆院議員と木村拓史衆院福岡1区予定候補が、板付・月隈支部と那珂南支部のメンバーらとともに訴えました。

 田村氏は4~6月期の国内総生産の減少について、消費税率10%への増税に、コロナ禍が追い打ちをかけたとし、「消費税減税が何より効果的な景気対策だ」と強調。世論調査では安倍政権のコロナ対策を評価しない国民の声が多数だとし、次の総選挙では市民と野党の共闘の発展、日本共産党の躍進のため、九州・沖縄ブロックで「沖縄1区必勝、比例2議席以上の獲得を目指して頑張っていく」と訴えました。

 木村氏は、同市で連日50人以上のコロナ感染者が出ており、「PCR検査を抜本的に増やし、早期に発見、保護し感染拡大を抑えていく必要がある」と訴えました。

 「しんぶん赤旗」号外と日曜版見本紙を配布し、通行人が次々と受け取りました。ビル管理会社の営業をする男性(31)は、コロナ禍で会社の経営が厳しい状況だとし、党の訴える消費税減税に「ぜひ、やってほしい」と期待を寄せました。

 まじま省三衆院九州沖縄ブロック比例予定候補(福岡9 区重複)は 、北九州市のJR八幡駅前で藤元さとみ市議と訴えました。 (しんぶん赤旗 2020年8月19日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード