Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

国民の願いは生活支援 まじま衆院予定候補が熊本市で宣伝

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党の、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は8月25日、熊本市内で取り組まれた集いで新しい日本と世界への展望を語りました。集いでは1人がその場で入党しました。

 まじま氏は、国民の大多数が望んでいるのは兵器の爆買いでも「Gо Tо トラベル」の前倒しでもなく、新型コロナ感染拡大防止対策のPCR検査拡充や豪雨災害被害者の暮らし・営業への支援だと強調しました。そのうえで「来る総選挙は政治を変えるチャンスだ」として、党の躍進と市民と野党の共闘の前進を訴え、小選挙区では統一候補の実現・勝利のために支援をと呼びかけました。

 集いの参加者は、「党創立98周年記念講演」や「日本共産党・発見の旅」のDVDを視聴後、まじま氏の訴えに耳を傾けました。元自衛官の男性(57)は「国が爆買いするF35戦闘機は憲法違反の敵基地攻撃を可能にするもの。自衛隊には不適切な兵器で必要ない」と話しました。

 まじま氏は街頭でも宣伝。橋田芳昭衆院熊本2区候補と上野美恵子・熊本市議がともに訴えました。(しんぶん赤旗 2020年8月27日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード