Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

総選挙・北九州市議選勝利へ まじま氏訴え

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党のまじま省三前衆院議員・衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補(衆院福岡9区重複)は9月1日、北九州市八幡西区で街頭演説をしました。永井ゆう市議予定候補とともに、来る総選挙と来年1月の北九州市議選の勝利への決意を語りました。

 まじま予定候補は、コロナ禍のなか、事業者を訪ねると消費税減税を求める声が圧倒的だと述べ、野党が一致結束して実現したいと強調。ケアに手厚い社会や労働ルールの確立、学びの保障など党の政策を説明し、「自己責任の新自由主義を乗り越えて支えあう社会をつくるため、次の総選挙で市民と野党の共闘で政権交代を果たしたい」と訴えました。

 永井予定候補は、政府の医療費削減のもと、市内7保健所が1カ所に、市立病院五つが二つに減らされ、PCR検査が進まない原因になってきたと批判。医療機関への財政支援を訴え、「コロナ対策にあらゆる財源を投入すべきです。市民の命とくらしを守る仕事がしたい」と決意を語りました。

 幹線道路沿いなどでの両予定候補の演説には、車中や駐車場から市民が手を振り、次々と声援が送られました。(しんぶん赤旗 2020年9月4日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード